頼みすぎ注意!西新宿『タカマル鮮魚店』二人で4品頼んだら満腹悶絶した

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

海外在住者共通の願いは、美味しい和食をたらふく食べること。

一時帰国の際には、親の敵をとるかのような和食三昧で幸せを噛み締めています。

特にお寿司にお刺身、ラーメンなどはいくら現地で食べようとも、自力では作れないものなのでありがたみが倍増。

そんな私に、なんと「滞在中もう刺身いいかな…」と言わしめるほどの強敵に出会ったのです。

満席で断られでも、望みを捨てるな!

「新宿にすごい刺身屋があるんだって」

結婚してから、呑兵衛の私のせいで刺身と寿司に目覚めた夫。

今となっては、一時帰国のたびに一週間は刺身と寿司をひたすら繰り返し摂取するようになり、肉食であった以前より、

 

なぜか太りました。

 

不思議体型…

 

情報を共有したいがために事前に調べたものを詳細に口頭で伝える私とは違い、夫は「とりあえずついてこい」系なので、この日も黙って(関係ない話はずっとしている)ついていきました。

 

「ここだよー」

 

新宿西口を出てすぐのところで、と夫が指を指しました。

その指の先には道路までテーブルを出した魚市場のようなお店が。

 

その名も『タカマル水産』

 

「いいじゃん!雰囲気最高!」と店に近づくと、

「すみません、いっぱいですー」と店員さん。

ああ、残念!

平日とはいえ、もう7時回ってるし人気店なら仕方がないか。

 

私「残念だったねえ、食べたかったなー。」

夫「諦めるのは早いよ、2号館あるから!レッツゴー!」

 

なんと!

すると、路地を曲がってすぐのところに同じ看板が見えました。

 

がしかし、

「すみません、いっぱいなんですよー」

人気者ですね!残念無念!

 

すると残念がる私達を見た店員さん、

 

店「まだ4号館は空いてるみたいなんで行ってみてください。」(4号館あるんだ!)

夫「4号館どこですか」

店「小滝橋通りを真っ直ぐ行っていただいて、百人町交差点のところにあるんでー」

夫「わかりましたー」

 

わかるんだ…

シティボーイすごいや!

周りの料理見て注文したほうがいいね

新宿の地理を把握しているシティボーイの案内によって、無事にタカマル鮮魚店4号館にたどり着きました!

店内はなかなかの混み具合。

 

「二人なんですけどー」

と言うと、若者3人席の隣に案内されました。

店内は全て6人がけテーブルなので、団体以外は相席が基本のようですね。

1号館から放浪してきた私達は、お腹がペコペコ。

まずは飲み物として生ビールを注文、店内に所狭しと貼ってあるメニューとテーブルに置いてあるメニューを見比べながら注文します。

 

夫「えっと、刺身の盛り合わせ上と、ポテトサラダ、カニクリームコロッケ...あとは?」

私「もういいんじゃない?」

夫「んー、じゃあかにみそポテトフライ!とりあえず!」

店「へいまいど!!!」

 

お気づきでしょうか?

イモとカニ、ダブルで被ってる…

サイズ感がおかしい

注文も終え、ビールで乾杯をしながら落ち着きを取り戻し、店内を見渡します。

すると…

 

視界の先にほろ酔いのおじさん二名。

おじさんの目の前には、ウニとイクラが溢れんばかりに太巻きにかけられている木桶が置いてあります。

 

「お待たせいたしましたー!ポテトサラダでーす!」

ドン!!

 

ボウルサイズ!!

 

私「よし、ここはやばいよ…。量が半端ない系かもしれない…。」

夫「ポテサラ380円でこれかよ!ひぇー!」

私「だって見てよ、あのおじさん達のテーブル…」

夫「どひゃー」

 

「ポテトフライでーす!」

ドン!

一本親指よりでかい×10本以上

 

じゃがいもでお腹いっぱい(泣)

 

「よし(夫)、駄目だ!これ以上イモを食べちゃ!」

「どんな刺盛りが来るんだろう…」

 

「お刺身盛り合わせでーす!」

 

ドドン!

 

もはや焼き魚の切り身サイズ!!

 

マグロ、カツオ、アジ、キンメ、ハマチ、イカ、サーモン、生しらすが…

切り身サイズで…

2980円!

破格ですけど、二人には多すぎる…

 

怖い… カニコロッケが怖い…

カニコロッケ、1000円もするんですよ。

ポテサラボウルが380円、巨大ポテトフライが580円なのにっ!

 

全品が揃う前に、私は箸を置きました。

 

夫「ちか、まだまだたくさん残っているよ、食べな!」

私「これ以上食べたら、刺身もこの店も嫌いになるよ…」

夫「それはわかる。やめときな。」

私「うん、やめとく…」

 

「おっまたせいたしましたーー!カニクリームコロッケでーす!」

 

ドドドン!

 

これは…

もはやソフトボール…

3つもっ!

上に茹で蟹まで乗ってっ!

 

私「店員さん、私達頼みすぎたみたい」

店「安心してください、お持ち帰りできます!」

私「なんと!」

 

私達のようなお客さん、たくさんいるんですね。

ちゃんとお持ち帰りパックが用意されていました。

 

恐るべしタカマル鮮魚店…。

訪れる際には、くれぐれも周りのテーブルをよく観察して一品ずつ頼むことを強くおすすめします!

 

【一時帰国は食にこだわる!シリーズ】

原宿の屋上でクラフトビールを飲む!よなよなエールが一番美味いな!

さくらんぼの王様はアメリカンチェリー!?そんな夫を山形へ連れて行く

呼子のイカより熊本の「呼子のイカ」のほうがおいしかったんだけど・・・

 

【世界ビックリ食生活!シリーズ】

ポルトガル料理は日本人の味覚にぴったり!イワシとタコで海鮮三昧なのだ

【中国珍グルメ】水餃子の中身はアノお肉!選択肢がニッチすぎる

インド・バラナシの絶品スイーツ『ブルーラッシー』!器も可愛い~

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 日本