モロッコ:サハラ砂漠ツアーの勧誘はおじさんの百面相から!

      2017/09/02

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

こんにちは!たびなすびのちかです。

日本でツアーやイベントを申し込む時には、価格や場所、所要時間などが詳細に表示され、あれこれじっくりと見比べたりしますよね。

一方アラブの国では、交渉により価格も内容も、ときには場所まで変わってしまうこともあり、定価に慣れている日本人には、ちょっと面倒だと感じてしまうこともあるかもしれません。

サハラ砂漠ツアーはいつでもどこでも申し込める

地獄のサウナ列車にのり、無事にモロッコ最大の観光都市マラケシュにたどり着いた私たちですが、旅行最大の目的はサハラ砂漠でラクダに乗ることです。

なぜなら夫が10年前にサハラを訪れ、そのあまりの美しさに感動したそうで、

 

結婚したら愛する妻に必ず見せたいと思っていたんだ・・・」

 

恥ずかしげもなく真顔で口にされました。

本当にそんなこと言う人いるの?というようなセリフに(ここにいたよ!笑っちゃいそう!ぷぷぷー)と思ったのですが、笑うのもなんなので、「私も見てみたいわ・・・」頑張って答えここにいるわけです。

 

サハラ砂漠に行くには、自力でバスを乗り継ぎ行く方法と、現地ツアーに申し込む方法の二種類があります。

自力で行くには長距離バスの出発時間や手続きが面倒、また公共交通機関の恐ろしさが身にしみています。

2日以上サウナ地獄に揺られたら、そのまま砂漠で一体化し、愛する妻どころではなくなる可能性もありますからね。

 

一方、ツアーは砂漠体験のほか、周辺2カ所の世界遺産をなんとエアコン付き(!)高級バンで効率良く回ってくれるとのこと。

このカタカナ4文字の威力を目の前にして他の選択肢があるでしょうか。自力案を一瞬にして捨て去り、2泊3日のツアーに申し込むことにしました。

(後日談:結局このエアコン付きも・・・トホホ)

 

ツアーはどこでも申し込めます。

街中の旅行会社でも「サハラ」の案内板、ホテルやゲストハウスでも「サハラツアー承り中」のプレートあり、何ならただ路上に立っているだけでも通行人が「サハラ?」と声をかけて来ます。

 

もうモロッコ語の挨拶は「サハラ」なんじゃないかと思うほどです。

モロッコ商人は勝手に怒って勝手に値切る

私たちはというと、初日に泊まったゲストハウスで申し込みました。

 

そこは宿探しを初めてたった数分で見つけたところで、とりあえずの気持ちで空室を確認したのですが、結構綺麗だったので、

「ツインで一泊いくら?(エアコンなし)」

と聞いたが最後、オーナーおじさんのゴングは鳴り響いたようです。

 

彼は勝手に百面相をしながら商談を進めていきました。

 

ーーーーー商談開始ーーーーー

注)会話末尾のカタカナ太字はおじさんの表情です。

「(約)1000円だよ!安いよ綺麗だよ涼しいよ!」エッヘン!

・・・

「いくらならいいの?いくらいくらいくら?」ハテハテ!

・・・

「サハラ行く?サハラ行くなら800円にする!」ナイスアイディア!

・・・

「サハラ行くなら1泊ただにする!」ナント!

・・・

「サハラ行きなよーサハラサハラサハラ!一人1万円、すごい安い」ビックリ!

・・・

「OK!9500円!ファイナルプライス」ショウガナイナー

・・・

「何が不満なの!もう原価割れだよ!これ以上無理だから!」ナンナノ、モウ!

・・・

「しょうがない!二人で17000円!困っちゃうよねーうちもー。OKね?ね?ね?」ヘトヘト

「・・・OKかな」

「カムヒヤ!!!」キリッ(ここだけ無駄にかっこいい)

ーーーーー商談成立ーーーーー

 

モロッコ人は彫刻のように顔立ちがはっきりしているので、表情が豊かでオーバーです。

彼らを見てからトイレなどでふと自分の顔を見ると、能面が立っているのかと逆に自分の顔に驚きます。

 

やれやれ、という顔で彼は領収書を切ってましたけど、表情が豊かすぎてニヤニヤが隠しきれていなかったので、まだまだ相当儲けは出てるのでしょう。

なにせ一泊無料ですからね。

事前情報によると、一人8000〜12000円ほどで、ツアーも申し込む予定だったので、まずはどうなるのかと百面相を見守りました。ほぼしゃべらずに低価格に落ち着いてよかったです。

 

私たちは行きたい場所に許容の価格で行けたのでよかったですが、自分の意に反する勧誘を受けた時には彫刻に負けず、はっきりと断ってくださいね。

実際私たちがサハラツアーから帰ってきても、たくさん声をかけられ、数日前に行ってきたと言っても2回目行ってこいと真顔で見つめられましたから。

美男美女も多いので、コロッとサインしちゃわないように!

 

【サハラ砂漠ツアーシリーズ】

サハラ砂漠はツアーで参加!メンバー紹介のマイナー国は英語でわからない!

サハラ砂漠で2時間ラクダに乗るという修行!降りたら内股になってたよ

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アフリカ, モロッコ, 妻:ちか