【韓国生活】外国人でも可能な自動出入国システム!ラクラクだけど、こんな落とし穴が…

      2017/01/20

自動出入国_韓国

こんにちは!たびなすびのちかです。

最近ではLCC(格安航空会社)の乗り入れ競争が激化し、今まで足を伸ばすのが難しかった地域までも、短時間で行くことができるようになりました。

現在私たちが住んでいる釜山もその恩恵を受け、韓国人の海外旅行者数は増える一方です。

週末の空港は大混雑

週末や連休時にはものすごい混雑ぶりとなる、釜山金海国際空港

チェックイン後の手荷物検査や出国手続きは長蛇の列で、とても時間がかかります。

庶民の味方LCCは、一般のエアラインより搭乗時間を早めに設定しているため、LCC利用者はヒヤヒヤしながら列に並んでいるのです。

 

「全く空港でのあの待ち時間がわずらわしいよ。」

と友人に愚痴ると、

自動出入国システムに登録すれば?自動改札みたいにすぐに通れるよ。」と友人。

 

私「外国人なのにー?できるのー?(疑)」

友「私それだもん、ちかと同じビザだからできるでしょ。」

とのこと。

 

そうなんだ!

 

早速家に帰ると、詳しく調べてみることに。

<自動出入国システム登録可能ビザ>

・駐在(D-7)・企業投資(D-8)・貿易経営(D-9)・教授(E-1)・研究(E-3)・技術指導(E-4)・専門職業(E-5)の資格所持者とそれらの同伴(F-3)

・永住(F-5)・結婚移民(F-6)の資格所持者とその配偶者および17歳以上の子で居住(F-2)の資格所持者

・企業投資(D-8)から居住(F-2)に変更した外国人

結構できる!

 

私のビザも含まれており、一安心。

手続きは、チェックインカウンター左の出入国管理事務所で行っているとのこと(2013年当時、現在は出国手続きカウンター前の事務所で手続き可能)。

次のフライトのときにでも利用してみよう!

めちゃくちゃ早い手続き

すぐさま訪れた次のフライト。

その日、荷造りに時間がかかり、空港到着時刻がギリギリになってしまいました。

でも、今日こそ「自動出入国システム」の手続きしたい!

 

チェックインを済ませると、一目散に管理事務所に行きました。

入室すると…

誰もいません。

 

「ヨギヨー、ヨギヨー(すみませんー)」

何度も大声で必死に呼ぶと、超めんどくさい表情丸出しのおっさん職員が登場。

 

職「何ですか。」

私「あ、あの、私外国人なんですけど、自動出入国の手続きがしたいんです!だけど、今あまり時間がなくて…」

職「外国人登録証とパスポート」

 

無愛想すぎるやりとりにちょっとムカッとする私。

それにギリギリの時間が心配!

 

私「あ、はい、あります。これ。あの!」

職「何」

私「私時間がないんですけど、もし時間かかるなら次の機会にでも。」

職「すぐできますよ」

私「…すぐっていっても…どれくらいですか?本当に時間ないんですよ、私。」

職「ケンチャナヨ(大丈夫)」

私「でも…(公務員のケンチャナヨは信用できない)」

 

引き下がらずにうるさい私に、おっさんが一言。

 

職「オーチョ!オーチョ!!(5秒だよ!5秒でできるから!)」

 

静かに待ってろという表情で、外国人登録証とパスポートを確認。

隣にあった機械で顔写真を撮り指紋を認証するとパスポートにステッカーを貼ってくれました。

 

職「テッソヨ(終わりました)」

 

ニヤッと笑うおっさん。

 

5秒とは大げさですが、30秒で終わりました。

自動出入国_韓国_釜山

 

「…ははは、本当に速かったですね。」というと、

 

「あんたの話が無ければ、もっと速かったけどね」

 

一本とられた!

微妙な笑顔で会釈すると、事務所を後にした私。

自動化で思わぬ落とし穴も!

その後、長蛇の列を横目に、自動ゲートですばやく出国。

ゲートにパスポートをかざし、一つ目のゲートが開くと顔写真と指紋認証へと進みます。

認証が完了すれば二つ目のゲートが開き、出国手続きは完了。

 

なんと機械は日本人であることを認識し「さようなら」と言ってくれます。(よく考えたら当たり前)

 

あまりに便利なため、その後の空港での出入国は、全て自動ゲートで行っていました。

しかし、ここに思わぬ落とし穴が。

 

自動ゲートなので、パスポート自体に出入国のスタンプがありません

頻繁に海外へ出る場合、パスポートのページがいっぱいになることも防げるため、いいこと尽くしかと思いきや…

行政手続きがこれに追いついていないのです。

 

日本の免許証を韓国の免許証に切り替えたときのこと。

(→日本の運転免許証を韓国の免許に切り替え!しかし路上は戦場なのだ(泣)

 

その際に、韓国への直近入国日を確認する必要がありました。

しかし、私のパスポートにはスタンプがなく、免許センターではデータ化された情報を確認することもできない。

結局、近くの「洞事務所(地区役場)」でデータを書類化して提出しなければなりませんでした。

書類自体は10分もかからずに取れるため、それほど苦ではありませんでしたが、慣れない韓国生活であればちょっと面倒かも。

 

とはいえ、数年に1度しか起こらないであろう面倒な行政手続きをもってしても、便利すぎる出入国自動化はやめられないのであります。

 

まだ語学に自信がないなら!⇒ 韓国語を学びたいあなたへ【italki】

 

【韓国生活これ役立つよ!シリーズ】

口内炎の最強薬『アルボチル』で口の中を焼き尽くせ!

韓国語を話さずに頼める出前アプリ登場!海でも山でも頼めるよ!

韓国でタクシーに乗るなら『カカオタクシー』アプリが便利だよ!

日本の運転免許証を韓国の免許に切り替え!しかし路上は戦場なのだ(泣)

重い物はネットスーパーで買おう!韓国もここまで配達時間が正確になってきた!

韓国でスマホのデータが足りなくなった時の裏技!タダで追加できるよ!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, 妻:ちか, 韓国