『世界一周学校』のMaSaToさんからポストカードが届いたよ!グラシアス!

      2017/01/28

こんにちは!たびなすびのちかです。

私が大学生だったころ、旅行の情報集めといえばガイドブック。

『地球の歩き方』の地図を目を皿のようにして見ながら、目的地を目指しました。

地図が間違っていようものなら一大事です。

ガイドブックに無い宿は存在しないも同然。

ゲストハウス(特に日本人が多い宿)に泊まる目的は、日本語で書かれた情報ノートを見ることだったのです。

スマホがあれば一人じゃない

旅の仕方を180度変えたのがインターネット、そしてスマホの登場です。

GPSは現在地を一瞬にして表示し、目的地までのバスや地下鉄の乗り方、更には時刻表まで教えてくれます。

言語がわからなくても大丈夫。翻訳機を使えば意思疎通は可能。

現地の状況はツイッターを見ればリアルタイムの情報が手に入ります。

おすすめのホテルは、トリップアドバイザーのような口コミサイトで一目瞭然!

 

旅好きの中には、スマホ以前より情緒がなくなった、アドベンチャー要素が少なくなった、などと憂う人(夫)もいるでしょう。

でも、私は文明進化大歓迎!!

高校時代、ダイエットのため徒歩で遠回り通学をしたら(普段は自転車)、18年過ごしたド田舎の地元で道に迷い遅刻した方向音痴です。

しかし、GPSスマホを手に入れてからというもの、「皆、私についてきて!」と大声で自信を持っていえるようになりました。(若干うざい)

 

また、大口を叩く割にビビリなため、ちょっとでも不安要素があるとすぐに逃げ出します。

とはいえ、私が人類未到達エリアに行くことは皆無であり、ネット検索すれば誰かしらの場所レポートが。

幾つかの情報を読み比べ、大丈夫そうであれば心置きなくチャレンジする精神が生まれるのです。

 

このように、今まで一歩踏み出せずに躊躇していたタイプの人でも気軽に旅行ができる後押しをしてくれる文明の利器は、旅行の間口を広げる一端を担っているのです!

 

「俺の旅は冒険」とかいっていた夫でさえ、いっそ左手をスマホに変えたほうがいいのではないかと思うほど、スマホ依存。

すっかり「俺の旅はテクノロジーです。

だんだんファンになっていく

私達の旅行は行き先以外はほぼ何も決めていないため、現地にたどり着いた後、暇をもてあますことがよくあります。

 

ネパールのポカラでのこと。

首都カトマンズの大気汚染に辟易し、皆が絶賛する第二の都市ポカラに逃げるようにやってきました。

大層居心地がよく、気がつけばもう一週間が過ぎようと…。

(→【ネパール・ポカラ】本格トレッキングに気が進まないダラ旅人の心の対処法

 

日課の散歩(それしかすることない)の途中にカフェで休憩、食事を終えて腹ごなしに日光浴、夜寝る前のゴロゴロタイム。

暇な時間は合計すると数時間にも及びます。

ぼーっと非日常を楽しむのもいいですが大体飽きるため、やることといえば、

 

スマホ現地リサーチ。

 

「ポカラ おいしい 中華」、「ポカラ トレッキング 疲れる」、「ポカラ どこ ビール」など、私の頭の中がお見通しになるような検索語で日々情報収集に勤しむのです。

すると、その日に目に止まったのが、やたら笑顔で、やたら「!」が多くて、やたらテンションが高いブログ

その名も、

 

MaSaTo世界一周学校

(追記⇒現在はサイトをリニューアルされました!こちら

 

ブログの執筆者は20代の男性(マサトさん)で、「ポカラ トレッキング」で引っかかった模様。

ページを開くと、友達とともにトレッキングを体験する様子が写真とともに書かれていました。

 

彼のブログの特徴はとにかく写真での笑顔

辛く、苦しい状況においても、彼は満面の笑みで登場するのです。

更に文章で多用されるのは「!」マークと、とにかく前向きで自分を奮いたたせるポジティブな言葉

 

一方、私は「ポカラ トレッキング 疲れる」で検索していることからもお分かりの通り、面倒なことはあまり積極的にやらないタイプです。

 

人種が違うわ…マサトさんとは…。

 

そう思いました。

しかし、人間というのは面白いもので、自分がやらないと怖いもの見たさに極限へのチャレンジを見てみたくなるのです。

 

彼のトレッキングは約一週間!装備を何も持っていたいため、ポカラで全てを揃えています。

初めて彼のブログを訪れた1ページ目では、やたらハイテンションで後先考えずに行動する猪突猛進トラベラー※かと思いました。

(※旅行者の中には「ノリ」で現地の状況を甘く考え、危険を冒す人も見かけます。たまたま上手くいっただけなのに、自慢したり。)

 

彼は様々なチャレンジを世界中で行っていますが、それに対する準備として様々なリスクを予測し、万全の体勢で望めるよう努力しています

ポジティブな文は自分を奮いたたせるもの、また経験や感動を共有して欲しいという気持ちの表れなのかもしれません。

リスクのある国境越えをしようとした同行者に、言葉を選びながら苦言を呈していたこともありました。

その言葉を発するかどうか悩む心の葛藤、相手に受け入れられなかった無念さなども書かれており、ページを読み進めるごとに、彼の人となりにとても魅力を感じるように。

結局、私達はトレッキングを寒さのあまり断念しましたが、ネパールから帰国してからも世界一周をしている彼のブログが夫婦での会話のトピックの一つとなっていました。

 

ウズベキスタンでロバと旅をする(なぜロバ!?)

サハラ砂漠マラソン参加(砂漠でなぜマラソン…)

スペイン巡礼路で900キロ歩く(1ヶ月歩きっぱなし!)

南米アタカマ砂漠マラソンに参加(サハラより過酷かも!?)

 

など、読者の度肝を抜くチャレンジを決行しますが、準備から達成まで心の動きまで詳細に語ってくれるので、異次元の話に聞こえるものも、読み進めるごとに我が事のように応援したくなります

会ったこともない人からのプレゼント!

そんなマサトさん、約2年半の旅を終え日本に帰国するとのこと。それに伴い、

「メキシコで買ったポストカードを書いて読者に送ります!」

 

ほしい!

 

我が家では超有名人のマサトさん。

まるでファンの芸能人から手紙が届くかのようなイベント!

 

ドキドキしながら申し込み…

 

そして、先ほど、

届きました!!!

masato_san_postcard

Photography by YOSHI

 

わお!

ネットが無ければ存在も知らなかったかもしれない方から、直筆のポストカード

文明ってすごい!

 

 

彼は日本で地方を回りながら自分の体験を伝えるプロジェクトを計画しているそう!

プログで分かった誠実な人柄とポジティブなチャレンジ精神を持った彼なら、必ずや有益なものとなるでしょう。

 

そして、彼が最近アップした動画で、お声を初めて聞きましたが、予想外に

 

声もイケメン!

 

ハイテンションと笑顔のイメージで、勝手に伊藤淳史(チビノリダーの人)で再生していたので、意外と落ち着いていて裏切られた気分…(笑)

ということで、夫婦ともども盛り上がっております。

 

マサトさん(見ていたら)ありがとうございましたー!

※今日は「!」多めで記事作成してみました!!!

 

追記(2017/1/28)

マサトさんは日本へ帰国され、現在キャンピングカーを動く教室に全国で「旅の楽しさ」を伝えています!

行動力にはいつも驚かされますが、いつかご対面できるといいな!

 

【おもしろ旅人に出会ったよ!シリーズ】

タイ・ピピ島ですれ違ったハングル帽子にロン毛の男性の正体とは!?

アラブ商法モロッコ人VSマイペース中国人!オロオロする日本人・・・

マレーシアでキメキメの中国人ダイバーと一緒に潜る

 

目次で他の記事を探してみる!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - 妻:ちか, 旅のよもやま話