都会育ちの夫が東北へ行く!道の駅のさくらんぼで異常にびっくりしてたよ!

      2017/01/30

こんにちは!たびなすびのちかです。

結婚して実家への帰省頻度が上がりました。

また夫がいることにより、家族だけでは親しき仲に礼儀がなさ過ぎて出てしまう暴言放言の抑止力となるため、楽しいばかりの時を過ごすことができます。

 

私がいつものようにドジを踏むと、

 

「ちょっと!あんたさーー!何やってんのよ、何回目?信じらんないわー」

 

といっていた母が、

夫がいた場合、同じドジを見ても、

 

「あら、お姉ちゃん、大丈夫?ちょっとうっかりしちゃった?」

 

だって。ぷぷぷ。

 

抑止力効果絶大!

道の駅を知らない夫

そんな夫を含め訪れたのは、山形県。

一度の帰省で、必ず一度は温泉旅館を訪れるのが最近の楽しみになっており、今回は父オススメの温泉に行くことになったのです。

 

結婚するまでの30年間、東北とは全く縁の生活を送っていた夫は、知識がまるでありません。

しかも結婚当初は運転免許もなかったため、「道の駅」も知らない

 

夫「道の駅って何」

私「道にある駅だよ。」

夫「何線が通ってるの?」

私「何線とかじゃなくて!道だよ、道。国道とか。」

夫「じゃあ何で道の駅なの?」

私「何か駅っぽいからだよ、休憩所みたいな。」

夫「パーキングエリアみたいな?」

私「そうそう、それ。名産品とか売ってる。」

 

今振り返ると私の説明の酷さが際立ちますが、他にも子供の「空はどうして青いの?」並みに面倒な質問に答えていたので、このような愛情を感じない回答になったわけです。ご理解ください。

さくらんぼは「まあまあ好き」

Sakuranbo_cherry

Photography by YOSHI

 

道中、父が

「ヨッシー(夫のあだ名、私方の家族のみが使用)はさくらんぼは好き?」

と夫にたずねました。

 

私は心の中で、

「さくらんぼが嫌いな人がこの世にいるもんか。フルーツランキングがあったらベスト3はさくらんぼ、白桃、はっさくで決まりだよ」

と思っていましたが、道の駅の質問でイライラしていたので黙っていました。

 

すると夫は、

「さくらんぼですか…。ええ、まあ好きです。」

と言うではありませんか!

 

たまらず、

「ちょっと、今の『まあ好きです』の『まあ』って何!?ベスト3に入らないわけ?」

と話に加わってしまいました。

 

「まあ、ベスト3には入らないかな。嫌いじゃないけど、とりたててさくらんぼを意識したこともないし。」

 

なんということでしょう…。

ここでも夫婦における価値観の違いを垣間見たのでした。

山形の佐藤錦にビビる

ここはさくらんぼの名産地、山形

山形県に入り、ちょっと休憩をということで道の駅で止まった際、母がさくらんぼの直売を見つけ買ってくれました。

初夏ということで、旬は過ぎてしまいましたが、現在住んでいる韓国ではなかなか食べられないのでテンションがあがります。

 

すると、

「うま!!!!なにこれ!!!超うま!!!!」

と普段クールな夫が突然叫びました。

 

「ねえ、これがさくらんぼ!?甘すぎない!?超うまいんだけど!!!!」

一人で興奮している夫。

 

まあ、甘いしおいしいですが、普通のさくらんぼです。

 

母「…そんなに?まあ、気に入ってもらえてよかったわ。」

夫「僕、こんなさくらんぼは初めてです!」

私「じゃあ、どんなさくらんぼを食べてたの」

夫「なんか…、もっと、甘くないヤツ…」

 

夫いわく、さくらんぼでこんなに甘くてジューシーなのは初。いままではもっと硬くて甘くないと思っていた。

 

さくらんぼの王様はアメリカンチェリーだと思っていた。

 

アメリカンチェリーのくだりは、両親と3人で「ないわー」と言いましたが、道の駅で売っていたのは山形が誇るさくらんぼの最強品種『佐藤錦』の直売だったので、特にそう感じたのでしょう。

 

そんなに喜んでもらえるなら、と夫に残りのさくらんぼを全て託しました。

さくらんぼを堪能した夫は、

「フルーツランキングベスト1はさくらんぼだな!」

と満面の笑みでした。

 

ほらね!

 

【夫、東北に触れる旅!シリーズ】

山形の『山寺』は還暦の足腰チェックに最適!そしてお守りを襲った悲劇

遠刈田温泉『大忠』は父の還暦祝いに最適の宿だったよ

男鹿半島へ本場のなまはげに会いに行く!が、都会っ子夫に襲いかかるそもそも論…

 

【夫婦の価値観はこんなに違う!シリーズ】

『深夜特急』っぽい夫と『水曜どうでしょう』っぽい妻が一緒に旅行したら!?

イランかペナン島か!夫婦で旅の行き先を決めると力関係が垣間見える

男鹿半島へ本場のなまはげに会いに行く!が、都会っ子夫に襲いかかるそもそも論…

 

目次で他の記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, 妻:ちか, 日本